SERVICE

プロジェクトフロー

単体サービスからトータルソリューションまで。

Vital Serviceでは、コンサルティング・システム開発・デザイン制作という3つのサービスをサービス単体からトータルソリューションまで、お客様のご要望に合わせてご提供しております。

トータルソリューションでは、3つのサービスを調査・企画・設計・実装・検証の5つのフェーズに落とし込みプロジェクトを進行していきます。

またソフトウェア開発事業で注目されているイタレーション(反復)方式を応用し、独自の社内外プロジェクトプロセスモデルとして導入しております。イタレーション方式とは、計画と評価を機能やコンテンツ、フェーズ単位で繰り返し、ゴールに向けて完成度を徐々に高めていくという考え方です。

お客様や現場ディレクターがその都度評価をするため、品質やパフォーマンスだけでなくユーザビリティを同時に向上させていくことができるようになっております。

Project flow (例:WEBサイト構築)

1. 調査フェーズ
徹底したリサーチにより、問題点を明確化します。Vital Serviceヒアリングシートに基づいて、プロジェクトの目的や背景、ご予算などのご要望をヒアリングします。それと同時に競合企業や業界の動向などの情報を収集し、それらを基に現状分析を行い問題点を明確化します。
2. 企画フェーズ
お客様と消費者を結ぶ最適なソリューションをご提案します。問題を解決するために何をすればよいかというコンセプトを作成し、その実現のためのコンテンツをプランニングします。また情報設計作業や制作・システムフロー、スケジュールの設定を行い、企画書としてプレゼンテーションします。
3. 設計フェーズ
仕様・スケジュールを決定し、実装の準備を行います。再度、企画の内容を確認し、コンテンツや制作ツール、システムを決定します。それらを基にお客様やスタッフとのアサインを行い、スケジュールを確定し実装作業へ移行します。

Project flow (例:WEBサイト構築)

4. 実装フェーズ
デザイン性と機能性を持ち合わせた、ハイクオリティのデザインやシステムを制作します。グラフィックデザイン案や絵コンテの作成と原稿やコピーの作成もしくは編集作業を行い、デザインカンプを御披露します。お客様のご意向を踏まえて修正し、クオリティだけでなくアクセシビリティやユーザビリティに配慮したデザイン・システムを制作します。またWEBサイトの場合はプログラムやFlashの作成からHTMLコーディング、サーバ構築、運用テストを実施した上で、テストサーバーにて御披露します。そして最終的な調整とデバックを行い、ご納品します。
5. 検証フェーズ
問題を解決することができたか検証し、プロジェクトを持続的に発展させていきます。効果測定を行いプロジェクトの成果を測定し、問題を解決することができたかどうか検証します。結果を基にプロジェクトのさらなるステップアップのご支援をいたします。